福岡市博多区中洲にある和裁教室のブログです。
主に生徒の作品や、着物を広めるためのイベントなどの活動紹介をしています。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2014.07.08 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
臨時稽古

 仕事が終って臨時稽古へ。

二日前のいつもの稽古のとき、師匠から
「まだ出来あがッとらんねえ、臨時稽古ばしちゃあけん来んしゃい」

25日にゆかた会があるのですが、
まだ完全に振りが入っていないのです。

稽古場に行き、通しで一回踊った後、
師匠が一言、

「そうよ、いかん」
(全部 ダメ)

ショックです。

いつもの師匠は
「ここがいかん」 「そこをもう少し・・・」
と、部分的にアドバイスしてくれるのですが、
よっぽひどかったのでしょうか。

その後、一時間ほど稽古は続くのですが、
ボロボロでした。





【2011.09.23 Friday 20:30】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |
つかさ会



 「つかさ会」
朝8:00出発、まだ体が寝ています。

会場は、ももちパレス。
外は雨、風が少し強めです。

最初に楽屋へ行ったのですが、満員電車状態。

そのうち開演時間が来たので、会場でしばし見学することに。

会主の先生の御祝儀舞 「豊」
素晴らしい踊りです。
ただ、ただ感心して観ているばかりでした。

このあと、出番まではまだまだ時間があるのですが、
化粧や着付けの順番があるので楽屋へもどり、

まずは化粧から。

髪は昨日染めたけど、ちょっと赤かったかも。

先輩に化粧を付けて貰ったのですが、
化粧ののりがいいと言われ、喜ぶべきなのか???

弁当食べて、着替えると、
廊下の隅で、音にあわせて4人で稽古、
まだまだ本番前の稽古が大事なのです。


曲は氷川きよしの「扇」

女性一人を含む男四人?で踊ります。




ミスもなく、4人の息もあってたようです。

よかった、ほっとしました。

ステージの踊り風景は撮れなかったので、
楽屋の廊下でポーズ。

打ち上げのビールは、ほんに美味かった・・・。



【2011.05.29 Sunday 18:26】 author : fukuokawasou
| | comments(2) | - | pookmark |
復活か?

 いや〜、ひさしぶりの投稿です。

今年の夏は暑かった。
メタボには非常に堪えるのです。

しかも、ず〜っと夏風邪にたたられる始末。

8月の頭に、高校時代の親友と我が家で酒を酌み交わし、
クーラーをガンガンきかせて何も着らんで熟睡。
翌朝、予想通り、喉は腫れあがり熱もあったので、
病院へ行き、抗生物質をもらって回復したのですが、
結局、これの繰り返しで、
一ヶ月半、風邪と付き合うことになったのです。

しかも、なんでか忙しい。
売り上げは落ちているのに、
あっち行ったりこっち行ったり、こんな仕事あんな仕事、
貧乏暇なし、咳をしながら笑うしかない。

そんな夏も終わり、ちょっとだけひと段落。

書くことはいっぱいあるけど、
9月26日のこと。

踊りの会「ゆかた会」です。

今回は入りました。

曲名は「赤垣源蔵」

忠臣蔵の赤穂浪士の一人、
赤垣源蔵の、討ち入り前夜の徳利の別れから
討ち入りの後、兄との再開までの物語です。

実は親方にとっては初めてのことばかり。
まず、曲が長い。
普通は5分程度なのですが、これは9分ちょっとあります。

稽古場はクーラーがきいてキンキンに冷えてますが、
1回踊ると額に汗が、2回踊ると上半身が汗でビショビショ、
3回踊ると全身から滝のように汗が出ます。
ほんに今年の夏は辛かった。


前半は一升徳利をもって酔っ払いを踊り、
兄へ最後の別れに行くのですが、
兄は不在で借りた羽織に別れの盃を交わします。



中盤では槍をもって討ち入り。
徳利と槍をもって踊るのは今回が初めてです。


後半は扇子を使って、討ち入りのあと兄弟の再開の喜びを表現します。

あと少しで終わるという所で、汗が目に入り、目をつぶってしまうという
アクシデントはありましたが(未熟者)、無事終了。

よかった、よかった。

親方の本心と、先輩もそういって褒めてくれました。










【2010.10.04 Monday 18:57】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |
どんたく

 やってきました、「どんたく」

3日は、大橋駅西口広場で11:00から舞台開き。

その後、バスで折立へ。

南区民舞協会の吾妻流の先生ん家で腹ごしらえです。


駐車場でひと踊り。

親方にとっては、パレードの初稽古。


これまでの稽古は新しい曲や4日の大橋舞台用で、
パレードはというと、一回だけ先生の後をつけて踊っただけ。
いくら何でも覚えきらんと思いながらも
先生 「わかったろ〜」  
親方 「はい、よ〜く分かりました、バッチリです」


自分ひとりだけリズムがちごうとると思いながらも

曲は終わり、再び大橋へ移動。

パレード出発式で再び稽古。

ちぃ〜とは覚えたかな?

 
冷泉公園に集合して待っていると、和泉流の先生から

「お父さん、旗ば持たんね」

すかさず 「はい、持ちます」

よかった〜

今年もパレードでは踊らずじまい

来年は頑張ります。



4日 朝、起きて稽古。

10時にケアホーム「花うさぎ」集合

毎年来てるが、お年寄りの笑顔が楽しみです。

中にはムスっとして一度も笑わないけど

しっかりしゃもじを叩いている人もいます。


12時に大橋舞台で

副市長の表敬訪問を受け、歓迎の踊り。

このころからなんとなく体調が悪くなってきた。

2時10分からステージなのに、なんで〜

とにかく着替えてスタンバイ。

一人でステージで踊るのは今回が初めて、

緊張はピークへ。

先輩が踊った後、いよいよ本番です。

出だしで曲より振りが少し速くなってしまいました。

何とか取り戻して、最後までミスもなく終了。

まあまあの出来でした。


大橋舞台フィナーレから舞台締め踊り飽かした二日間でした。

しかし、暑かった〜〜〜


打ち上げ 熟酔・・・



5日

朝起きると立ち上がれない。

筋肉痛は判るが、右足の激痛は・・・

もしかして××風

二日間暑かったので、ビールを大量に飲んでいたのです。

塾の授業をキャンセルしてしまいました。

塾生の皆さん 大変ご迷惑をおかけしました。






【2010.05.07 Friday 08:31】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |
若葉会

 若葉会の初舞です。
  
京都に行っていたため、2日間全く踊っていません。

朝起きて、早速、稽古。

ひっかかりもっかかり、非常に不安です。


会場は、篠栗にある日之出屋別館福生園。


実はこの会には3年ぶりです。

例年だと3月の第二日曜日。

この日は和裁士会の総合試験とバッティングしていました。

今年は、つかさ会が無かったため早くなったのです。


親方の出番は11番目、「浪曲一代」

朝ボロボロだったので開き直っていたのですが、

これが良かったのか、それなりに踊れました。

Goodです。


でも、その後がまずかった。

皆さん踊り終わった後は、恒例の宴会です。

飲めや、歌えや・・・

親方も北島三郎の「祭り」を歌ったのですが、

しょっぱなから音を外してしまったのです。

直そうとすればするほど、ずれていきます。

おまけに歌う前に、

「皆さん踊ってください」と言ってしまったので、

3人の先輩が前で踊ってます。

音がずれると、ガタッとよろけて振り返るのです。

連日の酒がこたえたのでしょうか。


先輩、失礼しました。










【2010.02.28 Sunday 19:32】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |
新年会

 踊りの会の新年会。

今回は佐賀の古湯温泉「吉花亭」で行うことになったのですが…

親方は仕事を済ませて、先輩と一緒に車で佐賀へ向けて出発。


未明からの雪で三瀬越えはチェーン規制、

九州自動車道は全線通行止めでした。

鳥栖へ向けて3号線を南下することに。


大渋滞


鳥栖まで2時間近くかかりました。



その後は幸いにも高速が部分的に開通したので、

新年会に間に合ったのです。


翌朝、雪景色がとっても綺麗だったので。











つらら

ここ何年も見てなかったような気がします。



わが愛車も雪を払ったのですがこのとおり。

スリップしないように恐る恐る運転し、

またまた大渋滞に巻き込まれながら無事帰宅。

天井の雪は、博多までこのままでした。
【2010.01.14 Thursday 17:14】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |
稽古

 昨日の夜は踊りの稽古でした。
ゆかた会も終わり、次の曲決めです。

ゆかた会の宴会のとき師匠に、
女踊りにチャレンジしたいと申し上げたのですが。
その話には触れられず、

「浪曲一代」

まあ、でも、新ジャンルになるのかなって感じです。


これから稽古に行きます。

4日に福岡市民会館で
福岡文化連盟祭り「舞踊の祭典」が開催されます。
これに出るための稽古です。

「風林火山残照」

何回か踊った曲ですが、
4人の息が合わないといけないので気を使います。

稽古が終わって京都へ出張です。

今日は  日・帰・り……

【2009.10.01 Thursday 08:25】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |
ゆかた会

 やってきました「ゆかた会」

昨日は大牟田で祝賀会に出席して、天神で二次会
その後、踊りの先輩の店「野菜王国」へ
「明日はよろしくお願いします」のご挨拶

朝5時に起きて稽古をすると宣言し夢の中
目が覚めたらもう7時過ぎ
 
<二日酔い>

9時過ぎに大橋駅集合
バタバタ用意をして、9時過ぎに家を出
早歩きで大橋駅へ


汗びっしょりでアルコールが抜けた


会場は「味のなかがわ」
部屋も広く、舞台もそれなりに広いのでゆったり

家元の下、四つの会が集まっての「ゆかた会」
総勢50名位で40曲ほどを舞う

我会は今回は当番
司会進行、テープ掛け、宴会進行までこなす
準備云々をやっていたら、すぐに開演時間

親方の出番は昼食後4曲目
稽古不足で失敗しないかと不安だったが
まあまあの出来(自己評価)


待ちに待った宴会(反省会)
乾杯から一時間位は普通の宴会
カラオケが始まった頃から
芸達者が入れ替わり立ち代り舞台へと

宴会前の真剣な踊りは何処へと
夜は更けていく


【2009.09.27 Sunday 21:23】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |
稽古

 9月もあっという間に24日。

息つく暇もなくここまで来たという感じです。


昨日の夜の踊りの稽古。

一回目踊ったあとに師匠が一言。


「練習しとらんめぃ」


「はい…」


足と手がちぐはぐ、右足と左足が反対。
全くだめでした。

今度の日曜日はゆかた会。
本番まであと4日です。

毎日稽古せねば。

といいながら、これから東京へ出張。

バックの中には、曲を吹き込んだICレコーダーが入ってます。








【2009.09.24 Thursday 08:50】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |
はつらつ一座

 大橋駅近所の、昔温泉センター。
今は介護老人福祉施設、ディケアセンターへ慰問に行ってきました。


はつらつ一座

大橋の居酒屋「野菜王国」の大将とママ
(踊りの大先輩)
そして、親方の3人の一座です。



14:00開演

初めにママが2曲踊ります。
「日本橋から」
「車屋さん」


続いて親方、「風林火山」
これまで何回も踊っているので失敗もなく続きます。
踊り終わると拍手、拍手、拍手。


大将の踊りは三波春夫の「俵星玄蕃」
槍をもって踊ります。
槍は短くしてあるのですが蛍光灯に当たりそうです。



ここで、飛び入りです。
ディケアに来ている方で三味線を弾かれたのですが、
その音色が力強く澄んでいて、ぐっぐっと引き込まれていきます。
弾いているのが、おばあちゃん(失礼)なんてとても思えません。

その三味線につけて、ママが当て振りで踊ります。
端唄、小唄をちょいと三曲、息はぴったり。

わが踊りの未熟さを痛感させられます。




そんなんで時間が押して、一曲飛ばして親方へ。

「富士」

ばたばた駆け上がり、ポーズ。

スタートは良かった。

途中も何とかいけた。

ラスト20秒前。
ちょっとしたミスだった。
多分誰も気付かなかったでしょう。

そこからぼろぼろ

ふぁん ふぁん ふぁん ふぁん ふぁん

曲とずれるし、振りがバラバラ。
決まらないので、どこで終ったか分からない。

だから拍手がバラバラ。

来月の浴衣会(おさらい会)で踊るのです。
稽古、稽古しかない。




ママがもう一曲踊り、そしてエンディング。

あっという間の1時間。
じいちゃん、ばあちゃんの笑顔がいっぱいです。




【2009.08.22 Saturday 17:45】 author : fukuokawasou
| | comments(0) | - | pookmark |