福岡市博多区中洲にある和裁教室のブログです。
主に生徒の作品や、着物を広めるためのイベントなどの活動紹介をしています。
 
<< 美しいキモノ2 | main | 総会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2014.07.08 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
結婚式

 娘の結婚式、朝から気が重い。

昨晩は、親戚と前祝、当然の二日酔い。

出事が1年のうちで一番多い5月に
結婚式を入れおって、

水曜日には和裁士会の本部総会、
決算、予算の説明をどうすれば、納得してもらえるか
ようわからん。頭の中で数字が駆け回っている。

しかも一週間後には、つかさ会
稽古もせにゃいかん。

ぐずぐず言っててもしょうがないので
気を取り直して出発。


会場はハイアット・リージェンシー。

まずはモーニングに着替え、
鏡を見て落ち込む。

親方は紋付・羽織・袴を着て
バージンロードを歩くといったのだが、
娘は大反対。

結局、折れてモーニングを着ることになった。
試着のときにわかっていた事だが、

似合わねぇ〜

着替えると次はリハーサル
担当の女性が 「白の手袋はお持ちですか?」

「はい」
そして、内ポケットから手袋を取り出し、手にはめた。

周りに4名スタッフがいたが し〜〜ん
なんだこの雰囲気は??

担当の女性「手袋を左手にお持ちください」

「あ は は」 笑うしかなかった。


挙式本番





高層の吹き抜けの中にロトンダという円形のチャペルがあり
1階ロビー中央から出発しチャペルまで歩くとのこと
けっこう距離がある。
緊張しているせいか、歩きがぎこちない。
こんなに歩くのが難しいとは思わなかった。

やっと披露宴のスタート



料理を撮っておこうと思ったが、これだけ。

食したのは、造りと博多雑煮、
後半に冷めた肉をほおばったくらい。
挨拶、その他でほとんど席にはいなかった。

新婦に続き新郎のお色直し
その後、親方もお色直し。
こそっと会場を出て更衣室へ

「やっと着物が着れる・・・、エンジンスタート」

 

新郎・新婦の入場
傘で隠しているが、隣にいるのは親方
近くのテーブルの人はクスクス笑っている。

傘を揚げると大爆笑、けっこう受けた。

このあと、隣の扉から入場していた新郎が受け取りに来たのは
言うまでもない。



キャンドルサービス(実際にローソクに火をつけてなかったので、
聞いたら何とかといっていた)のあとに親方の踊り。
酒が入るとスムーズにに踊れるのに、

素面だと・・・



そうこうするうちに宴もクライマックスへ、
親戚の中には賭けとったようだが、親方は泣いてません。
あと10秒長かったら危なかった。

宴も無事おひらきに、新婦の父としては、
ちと、騒ぎ過ぎたような気はするが、
これはあくまで娘(新郎を含む)の指示通りであり、
親方の演出は一切ありません。













【2011.05.22 Sunday 21:26】 author : fukuokawasou
| イベント | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
【2014.07.08 Tuesday 21:26】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
しばらくお休みしている間に、
おめでたいことがたっくさんあっていたのですね。

遅ればせながら、
 「お役目、お疲れ様でございました!」
 「お誕生日、おめでとうございます!!」
そして、
 「お嬢様のご結婚、おめでとうございます!!!」

塾では、そんなこと微塵も話題に上らなかった
(もちろん、そんなおしゃべりの余裕は無いのですが…)
ので、久し振りにブログを拝見してびっくりしました。

花嫁の父親というのは、内心ではかなりおつらいのでは・・・・
ドレスも打ちかけも、とてもお似合いの綺麗なお嫁さんです。
さぞ、お寂しいことでしょう。


先生のモーニング姿はとても決まっていますよ。
もちろん、お着物姿は、もう言うまでもなく、無茶素敵です!!




| saku | 2011/05/28 9:46 AM |
おめでとうございます。
涙は出ませんでしたか〜。
おいしゃんの次女も嫁に行きました。
入籍は6月に、式は来年するそうです。
22日に相手方に御挨拶しに、日田まで行きましたよ。
| よちょーちゃん | 2011/05/29 10:58 PM |
sakuさん。ありがとうございます。
この一週間、盆と正月が一気に来たようです。
寂しがっとる暇なんぞありまっしぇん。
| 親方 | 2011/06/01 6:04 PM |
よちょ〜ちゃんさん。ありがとうございます。
涙は、一生懸命我慢しました。
あと、1分メッセージが長かったら、やばかったかも・・・。
来年の式では、頑張ってください。
| 親方 | 2011/06/01 6:09 PM |
コメントする