福岡市博多区中洲にある和裁教室のブログです。
主に生徒の作品や、着物を広めるためのイベントなどの活動紹介をしています。
 
<< 見事です | main | 悲 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2014.07.08 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
鑑賞

 博多織求評会へ行ってきた。


織り元が新作を発表する会で、年1回、承天寺で行われている。
ここ何年か行っているが、素晴らしい力作ばかり、
献上柄を軸にしてアレンジを加えたものから、
これが博多織と疑う(?)斬新なものまで、
何時間でもじ〜っと見ていたい。

やはり今年も見つけた。

角帯 一点  欲し〜い


作品の撮影はNGなので、庭の風景。

そう言えば、入口で親方の後ろにどこかで見た人が、
鳩山さん(弟)だった。


カレッジの生徒さんの作品を見に行ったが、
力作ぞろいだ。
カレッジに入って1〜2年でここまで出来るとは、
ほんに、感心する。


その後、新天町へ移動して、
ギャラリーおいし

錦山亭金太夫さんの個展を見に行った。

墨彩画家「筆師金太夫」
ご挨拶をした程度のお付き合いだったが、
先日の匠フェスティバルに来ていただいたので、
行ったのである。

金太夫さんのプロフィールを見ていたら、
出身が美野島(簑島)とかいてあった。
この簑島の字は、国鉄筑肥線の筑前簑島駅。
昔からの地の人しか知らない。
しかも、年は親方の1コ下。

そこでちょっと聞いてみた。
美野島はどのへんですか?
すると、高校まで住んでいた美野島の家の近所だった。

いろいろと話していると、
なんと、中学の後輩で、しかも同じ剣道部なのである。
当時とは、容姿もずいぶん変わっており、
(親方は背は高かったが、体重は30キロ以上軽かった)
名前も金太夫と親方では、わかる訳もない。

じわじわと当時の記憶が戻ってきて、
出会いの不思議と怖さに、驚かされるばかりである。



【2010.11.13 Saturday 17:13】 author : fukuokawasou
| 親方閑話 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
【2014.07.08 Tuesday 17:13】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
お疲れさまでした。
簑島で昔見つけた、懐かしいサイトです。
http://nakamura2.ees.hokudai.ac.jp/Chikuhisen/F_Chikuhisen.html
ご覧あれ
| よちょーちゃん | 2010/11/14 9:15 PM |
コメントする